PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【05/07/31 師匠の話】


f_36.jpg


昨年夏の記事を再掲載






ターク師匠と出会ったのは、ジェノヴァでの大海戦の時だった。 俺はまだ駆け出しの軍人で、多分、参戦した英国軍人の中では、底辺のあたりをうろうろしているようなレベルだった。船や装備も、戦闘用フリュートにラピッドファイア砲――そんなところだ。

だから、マルセイユでリョーコさんやターク師匠の艦隊に入れてもらったときは、とてもありがたい反面、足をひっぱらないか、不安だった。

結論から言えば、微妙に足をひっぱった。 俺は一度も沈まなかったかわり、師匠とぶつかって、師匠を敵の砲撃に晒して、沈めさせてしまったわけだ…。

謝る俺に、師匠はその後、おなじみになるあの爽やかな笑顔で、こちらこそ、と、謝ってくれた。

自分のダメージを顧みず、ガレーで果敢に敵につっこんでいくターク師匠を、それは頼もしく感じたものだ。

俺のスキルをあげるために、コペンハーゲンやストックホルム、ジェノヴァ――レベルが違いすぎて、師匠の経験値は微々たるものだろうに、彼は真面目とは言えない俺を、せっせと育ててくれた。

というわけで、俺は今でも、ターク・イージスのことを、師匠と呼んでいる。

前置きが長くなったが、今日の日記は、あれだ。その師匠に船をつくってもらったという話。ついに商用大型キャラックを入手して、これで大分交易や鋳造が楽になる。

貯金300Kがデフォルトだった俺が、今は貯金10M! これもサムブークのお陰だった。商用大型キャラックがあれば、もっと稼ぐことだって出来るだろう。

船買っただけで早くも大金持ち気分だ。フフ…

師匠に恩返しができたらいいなあ、と思うのだが、師匠はなかなか受け取ってくれない。今日はやっと、手数料を押しつけた。 しみじみ俺は良い仲間に恵まれている。


| 展示室 | 02:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

not subject

1年前の記事ですが……


せ、成長してねええええ!!
師匠、ごめん、ごめん…! カムバーーック…

| カート | 2006/07/06 02:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント


スパムが鬱陶しいため、httpを禁止ワードにしてあります。お手数ですがttp://という感じでhを削って記入してやってくだされ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。