PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5章:十七年目の邂逅

※イベントログです。ネタバレ注意!
 あらすじはwikiより。感謝!

5章:十七年目の邂逅

バレンシアの港にて、アルバ公の邸宅を探す男から声をかけられるカートライト。

アルバ公に客分として招かれていたその男こそ、サルミエント商会の代表ディエゴ・サルミエントその人であった。
ディエゴは、カートライトの折り目正しさに感じ入り、将来有望な航海者として、アルバ公に売りこむのだった。

大物二人の会談が始まろうとしたその時、バルタザールが、突如邸内に乱入して来る。
ディエゴを目にしたバルタザールは旧友との思わぬ再会に驚くが、すぐさま我に返りアルバ公に食ってかかる。
なぜ、自分をバルバリア海賊の討伐の任務から外し、ネーデルランド反乱軍の鎮圧をしろと命じたのか、と。
「昔の私と同様、ハイレディンだけを追っていれば済む立場でなくなったということだ」
そんなディエゴの説得には耳も貸さず、バルタザールは命令拒否を一方的に告げると、出て行ってしまう。

ディエゴは、変わらぬ旧友の姿に呆れつつも、改めてカートライトに礼をのべ、アルバ公と共に、執務室へと消えていくのだった。



声>そこの航海者よすまんが 頼まれてはくれぬか
大物らしき男>実は この街にあるというアルバ公の屋敷を探しておるのだがそれらしき建物が見当たらぬ
大物らしき男>よければ 案内してほしいのだが…
大物らしき男>そうか 礼をいうぞ
ディエゴ>なるほど公は 政庁に居を構えておられたのか…
アルバ公>これはこれは ディエゴ・サルミエント殿リスボンより遠路はるばる よくぞ参られた
ディエゴ>慣れぬ異国の地ゆえ 道に迷いました訪問が遅れ 申し訳ございませんアルバ公爵・フェルナンド・アルバレス様
アルバ公>そなた程の者が そうかしこまらずともよい自邸と思って 楽にされよ
ディエゴ>カートライトよそなたの道案内 心より感謝するぞ
アルバ公>して ディエゴ殿 この者は…?
ディエゴ>はい私をこの政庁まで連れてきてくれた航海者にございます
ディエゴ>この者 見たところ なかなかに折り目正しく 将来も有望ではないかとどうか 以後 ご恩寵の程を
アルバ公>うむ まあ よかろうそなた 名は何と申す?
ディエゴ>そう 遠慮する必要もなかろう
アルバ公>カートライト…?確かどこかで…
アルバ公>まあ よい 覚えておく下がるがよい
アルバ公>…さて ディエゴ殿例の件についてくわしい話を聞かせてもらおう
アルバ公>さっそく 執務室まで…
衛兵の声>公はただ今 来客の応接中ゆえどうか今しばらく お待ちください!
野太い声>フン 人を呼びつけておいて追い返そうとは無礼にも程がある
野太い声>先約はこちらだ入らせてもらうぞ
衛兵の声>ああっ!お待ちください!
バルタザール>……!貴様…
ディエゴ>バルタザールかおまえも 相変わらずのようだな
ディエゴ>フフ… バルタザールめ十七年ぶりか…
バルタザール>カートライトではないか何故 貴様までここにおるのだ
ディエゴ>ほう この者 おまえの知り合いだったか
バルタザール>フン 色々と経緯があってなそれより 貴様…このバレンシアに 一体 何の用だ
ディエゴ>商用だそれ以上は 国家間の機密ゆえおまえには明かせぬ
バルタザール>いっぱしの政商気取りか かつて 海賊まがいの交易商をしていた男とは思えぬ 羽振りのよさだな
ディエゴ>フハハハ…
バルタザール>…貴様 何が可笑しい!
ディエゴ>すまんかつては 猪突一辺倒の物言いしかできなかった おまえだ
ディエゴ>その口から まさか皮肉めいた言葉が出るとは思わなんだ
バルタザール>……
ディエゴ>…アルバ公ご覧の通り この者と私とは旧知の間柄
ディエゴ>先ほどの無礼 私の顔に免じお許し頂きとうございます
アルバ公>うむ 他ならぬディエゴ殿の頼みだ仕方あるまい
バルタザール>貴様に 許される いわれなどない!それより 先日届いた この命令書は何だ!
バルタザール>海賊狩り専門の傭兵であるこの俺にネーデルランドに行けとはどういう了見だッ!
アルバ公>彼の地ではこのところ反乱軍が先鋭化しつつある
アルバ公>そなたが にらみを利かせることでその不穏な動きを沈めてほしいのだ
アルバ公>現地の駐留艦隊からも 武勇の誉れ高き黒鯱の出馬を願う声があがっておる無視するわけにもいくまい
ディエゴ>フフ…バルタザールよ観念したほうがよさそうだな
ディエゴ>おまえも 昔の私と同様 ハイレディンだけ追っていれば済む立場ではなくなったということだ
バルタザール>フン!俺は 貴様と違って そのような面倒な立場になど 興味はないッ!
バルタザール>アルバ公よ!この命令 断固 拒否させてもらう!
アルバ公>カートライト そなたのことは執政のタベラ枢機卿(すうきけい)に推挙しておく それでよかろう
アルバ公>では ディエゴ殿例の件の続きださっそく 執務室まで来てもらおう
ディエゴ>…わかりました
ディエゴ>では カートライト世話になったな改めて礼をいうぞ


| イベント | 09:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


スパムが鬱陶しいため、httpを禁止ワードにしてあります。お手数ですがttp://という感じでhを削って記入してやってくだされ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。