PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7章:重なりし芳酒の記憶

※イベントログです。ネタバレ注意!
 あらすじはwikiより。感謝!

7章:重なりし芳酒の記憶

カートライトが火薬を渡すと、複雑な顔をするバルタザール。

今回は、これを使うことになって欲しくないというつぶやく。
この反乱は、アルバ公がネーデルランドにかけた重税が原因であるから、と。

だが、エドゥアルドは、反乱軍を攻めるなら、内部対立を繰り返している今しかないと、強く主張する。

しかし、バルタザールはこれを却下。
エドゥアルドは、イレーヌの酒場に酒を届けろと命じられる。
戦線を外されたエドゥアルドは面白いはずもない。しかし、絶対の隊長命令には逆らうこともできず、カートライトを同伴させることを条件に、これを受け入れる。

海に出るなり、エドゥアルドは、舵の修理のためカレーに寄港したいと言い出す。

だが、修理などは、真っ赤な嘘。
エドゥアルドは、今回の戦いが、世間に認められる最後の機会かもしれないと、カートライトに酒樽をまかせ、勝手に戦線復帰してしまう。
取り残されたカートライトは、ひとりイレーヌの酒場のある、マルセイユへむかうことになる。
マルセイユに着いたカートライトは、さっそくイレーヌに酒を届ける。
するとイレーヌは、樽の帯鉄に彫られた文言を見つける。
『戦ばやりのイダルゴに忍従の酒を』

ディエゴとバルタザールが共に仕事をしていた頃ディエゴは戦いにはやるバルタザールに酒を送りその苛立ちをしずめていた。
バルタザールは、それにならい、功をあせるエドゥアルドをしずめようとしたのである。
イレーヌは、バルタザールが他人にかけていた苦労を、彼自身が味わっている皮肉に思わず苦笑してしまう。
その時、二人連れの客が、店内に入ってくる。

客によれば、ネーデルランドの反乱勢力が一本化し、大規模な迎撃艦隊が誕生。鎮圧に向かったイスパニア艦が次々に沈められているのだという。

色を失ったイレーヌは、カートライトにバルタザールの身を案じる手紙を託す。



エドゥアルド>やっとおいでなすったかカートライト
エドゥアルド>隊長は酒場にいるさっさと火薬を渡してきな
バルタザール>火薬5樽 確かに買ってきたようだな
火薬5樽を納入した!
バルタザール>御苦労だったな思っていたより 早かったではないか
バルタザール>こいつは 貴様への支給品だ受け取っておけ
アゴスティノ>自分の身は 自分で守れこれが 傭兵渡世の鉄則でさぁ
バルタザール>…しかし 今回の戦い この火薬は 使わずに済ませたいものだ
アゴスティノ>ああ まったくでさ つくづく くだらん戦いで
アゴスティノ>この反乱 元をたどれば アルバ公が低地地方に無茶な税をかけたせいで起きたもの
アゴスティノ>それを何で 私らが鎮めにゃならんのやら
アゴスティノ>ボンクラ貴族め テメェのケツくらいテメェで拭きやがれってんでさ
エドゥアルド>おいおい こっちが外で出撃の合図を今か今かと 待ち構えてりゃ戦う気がねェだ?
エドゥアルド>この期におよんで ざけンじゃねぇ!
エドゥアルド>反乱軍は 内輪もめばかりしてるって聞く今 一気に攻めこめば 蹴散らすのはたやすいはずだ
エドゥアルド>コイツをやらない手はねぇぜなあ そうだろ? 隊長!
バルタザール>エドゥアルドよ 今は貴様の言い分を聞くわけにはいかん 連中に いくらか気になる動きがあるのでな
バルタザール>…代わりに 貴様にはこれより 別の任務にあたってもらう
エドゥアルド>…別の任務?
バルタザール>この酒を一樽 イレーヌのところに届けてくるんだ イェネーフルという地酒だ
エドゥアルド>酒を届けろだと?
エドゥアルド>…つまり 言うに事欠いて体よく俺を戦線から外したいそういうわけか…
バルタザール>フンそう思いたくば思うがよい
エドゥアルド>…!
エドゥアルド>なんだとッ!?ふざけ…
アゴスティノ>おい エド!傭兵稼業にあって 隊長の命令は親や神よりも絶対
アゴスティノ>テメエ その掟を忘れたわけじゃあるめぇな?
エドゥアルド>…ケッ わかったよそこまで外してぇなら 外れてやるただし 一つだけ条件がある
バルタザール>よかろう いえ
エドゥアルド>カートライトを付けてほしい俺の副官としてだ
エドゥアルド>そもそも こいつが参加してンのはアルバ公の小細工のせいこいつの本意じゃねぇ
エドゥアルド>だから これ以上 迷惑かけたかねぇのさ
エドゥアルド>(テメェは黙ってろ!)
エドゥアルド>なあ 隊長さんよアンタだって 同じように思ってンだろ?
バルタザール>仕方あるまい
アゴスティノ>すんませんねェ エドのこと よろしく頼みやすカートライトさん
バルタザール>かくなる上は 仕方あるまい…
アゴスティノ>カートライトさん エドのせいで 妙な仕事まかせることになっちまって 申し訳ありやせんね

エドゥアルド>俺の船 舵の利きがおかしいや
エドゥアルド>この先のカレーで修理する カートライト テメエもついてきな


エドゥアルド>船の修理?ああ ンなもん 最初ッから必要ねぇよ
エドゥアルド>それより聞いてくれ カートライト 今回の戦いは 俺が世間から認められる最初で最後の機会かも知れねぇ
エドゥアルド>だから 隊長から預かったこの酒 テメェ一人でイレーヌさんのとこに持っていっちゃくれねぇか?
エドゥアルド>頼む 後生だ!この通りッ!
エドゥアルド>ンなこと わかってら
エドゥアルド>でもよ のし上がるため 今回ばかりはどうしても 戻らなきゃならねぇンだ 頼む!
エドゥアルド>この通りだ!テメェ一人で酒を持っていってくれ!
エドゥアルド>ンだと!?下手に出りゃ つけあがりやがって
エドゥアルド>とにかく俺は 戦線に戻らなきゃならねぇこいつは頼んだぜ!


イレーヌ>バルタザールからお酒ですって?
イレーヌ>ふふ… あきれたものね戦いに出たばかりなのに もう終わったあとの酒盛りのことでも 考えているのかしら
イレーヌ>カートライトさんせっかくだからこのお酒 少し飲まれていって?
イレーヌ>だったら 樽を開けてもらうわね
イレーヌ>…?樽の帯鉄に何か彫ってあるわ
イレーヌ>『戦ばやりのイダルゴに忍従の酒を』
イレーヌ>…この「戦ばやりのイダルゴ」ってエドゥアルドのことかしら?
イレーヌ>そういえば エドゥアルドはどうしたの?あなたと一緒に来てるんじゃなくて?
イレーヌ>そうそんなことがあったの…
イレーヌ>あなたには すっかり迷惑をかけてしまったようね
イレーヌ>ただ エドゥアルドが戻りたくなる気持ちもわからないではないわ
イレーヌ>なにせ この戦いは イダルゴの境遇から抜け出せる機会だってあれだけ張り切っていたのだから
イレーヌ>あら あなた知らなくて?イスパニアには 騎士でも 平民でもないイダルゴという 貴族身分があるの
イレーヌ>エドゥアルドは その中でも特に貧しい家の生まれなのよ
イレーヌ>彼が傭兵艦隊に身を投じたのは 功を立てて本物の貴族になるためなんだっていつも誇らしげにいっているわ
イレーヌ>それにしても バルタザールったら昔のディエゴにでも なったつもりかしらね 戦いに逸るエドゥアルドに お酒なんて
イレーヌ>ふふ…昔 二人が 無頼の交易商人をしていた時代のことよ
イレーヌ>ディエゴは 他の商人との交渉ごとに向かうとき よく バルタザールに置いてけぼりを食わしていたの
イレーヌ>彼が暴れ出すと まとまる話がまとまらないといってね
イレーヌ>バルタザールが 苛立つ頃になるとそれを見越したように ディエゴから色々なお酒が届いたわ
イレーヌ>昔のあの人は 単純だったからそれですっかり機嫌を直していたものよ…
イレーヌ>そうやって ディエゴにかけた苦労を今はバルタザール自身が味わっているというわけね
イレーヌ>あら お客さまだわごめんなさい
イレーヌ>いらっしゃいませ何になされます?
船乗り>ああ 葡萄酒をくれ
船乗り>それにしても 参ったぜあの有様じゃ 北海は物騒で当分 商船隊も送れやしない
船乗り>まさか 戦況があんな劇的に変わるとはな
イレーヌ>(えっ…?!)
商人>おいおい じゃあ俺との羊毛の取引の約束は一体どうなるんだい
船乗り>…?何か用かい?
船乗り>ネーデルランド反乱軍の鎮圧に向かったイスパニア船が次々と消息を絶ってるって話だ
船乗り>なんでも 反乱勢力が一本化して大規模な艦隊が結成されたんじゃないかって噂さ
イレーヌ>まさか バルタザールはその動きを察して…?
商人>ああ~羊毛の取引の約束は一体どうしたらいいんだ…
船乗り>まだ 何か聞きたいことでも?
船乗り>さあなあの艦隊がアントワープにいるって話は聞くが どうなったかまではな
イレーヌ>……
イレーヌ>…ねえ カートライトさん少し頼まれてくれて?
イレーヌ>これから バルタザールのところに戻るのなら この手紙を届けてほしいの
イレーヌ>こんな風に心配したところであの人には 『フン』と笑われるだけでしょうけど…
イレーヌ>手紙の件 よろしくお願いね…



| イベント | 10:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント


スパムが鬱陶しいため、httpを禁止ワードにしてあります。お手数ですがttp://という感じでhを削って記入してやってくだされ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。